雨漏り修理業者の口コミ&評判を“辛口でお答えします“

HOME > 壁からの雨漏り

壁からの雨漏り

意外なところから

雨漏りといえば、「屋根」や「天井」にばかり気を取られがちですが、最近では壁からの雨漏りの被害が増えています。
その原因として、「庇が短く、外壁が雨ざらしの状態の家が増えてきていること」と「シーリング材の普及と建物の高層化によって、屋根面積に比べて外壁面積の多い建物が増えたこと」があげられます。
雨水はサッシや外壁のわずかな亀裂などから内壁へと浸入し、家屋を蝕んでいきます。家の壁紙がはがれたり、シミができたり、室内まで漏水してきたときになって初めて自分の家が雨漏りの被害に遭っている事に気付くのですが、自分たちの目で雨漏りが確認できるようになったときには既に内壁がボロボロに腐食してしまっているというケースが非常に多いのです。
できるだけ壁面を水に濡らさないようにすること、雨水が浸入する可能性のある箇所は全て塞いでしまうことが最大の対策なのですが、そのようなことは大変難しく、不可能に近いのです。
防水材やシーリング材の劣化・ヒビ割れ・欠損・浮きなどの症状は、雨漏りの主な原因となります。
そういった壁の些細な変化に気付かれましたら、雨漏り被害にあう前に、専門業者による雨漏り点検をしていただきますことをおすすめします。