雨漏り修理業者の口コミ&評判を“辛口でお答えします“

HOME > 雨漏り診断

雨漏り診断

チェックポイント

雨漏りの状況で、原因をある程度推測することができます。雨水侵入場所の特定の参考にしてください。

「少量の雨でもすぐに雨漏りしてしまう」場合、排水口まわりの欠陥が原因の場合が多く、排水口の防水シートや塗膜の剥がれ、腐食などにより穴が開いているなどのケースがあります。

「雨が降ってからしばらくして、じわじわと漏れ出す」場合、雨水の侵入口と雨漏り箇所に距離があるということなので、雨漏り箇所のすぐ近くが侵入口ではなく、何処か他の場所が侵入口の可能性が高いです。

「小雨の時には漏らないが、集中豪雨や大雨が長時間続くときに漏る」場合、雨水が屋上にたまり、防水ラインを超してしまったと考えられます。雨どいの排水能力不足(想定外の豪雨や雨どい詰まり)が主な原因です。ゴミがたまってしまっている場合は掃除をすることで改善される場合が多いので、定期的に掃除をした方が良いですが、高所の作業となり危険ですので、専門の業者にお願いした方が安全です。

「雨漏り箇所が一箇所ではなく、複数箇所から一斉に漏りだす」場合、防水層の寿命が原因である可能性が高いため、防水改修によって、解決できる場合があります。

「風向きに雨漏りが左右される」「風向きによっては雨漏りしない」場合、原因箇所が外壁である場合が多いです。外壁に亀裂などがないか、窓廻りのシーリング材が切れたり痩せたりしていないかを確認してみると良いでしょう。