雨漏り修理業者の口コミ&評判を“辛口でお答えします“

HOME > 雨漏りしてしまったら・・・

雨漏りしてしまったら・・・

応急処置のポイント

雨漏りをしてしまったため、雨漏り補修業者の方に修理の依頼をしたとします。業者の方が修理に来るまで、応急処置として雨漏りしている箇所にブルーシートやビニールシートを張って室内への雨水侵入を防ぎます。
その際に注意をしなければならないことは「雨水の逃げ道を塞いでしまうこと」です。雨水の逃げ道がなくなると、別の場所から新たに雨漏りしてしまったり、かえって雨漏りを悪化させてしまう可能性がありますので、雨水の浸入を防がない限り、雨漏りは続いてしまいます。「雨漏りしている箇所を塞ぐ」のではなく「雨水の浸入を防ぐ」ことが、雨漏りの応急処置となります。
ポイントとしては、「雨漏りしている箇所よりも上」を直すこと、「雨漏りしている箇所より下」は雨水の逃げ道となるため、なるべく触らないようにします。
また、雨漏りの状況を、できるだけ細かく業者の方に説明できるように準備をしておくことも重要です。

こちらに書いたのはあくまでも一時的な応急処置ですので、修理は専門の業者の方にご依頼ください。
雨漏りの状況を詳しく説明できれば、専門業者からも応急処置や対処のアドバイスが可能ですので、被害を最小限に抑えることができます。