雨漏り修理業者の口コミ&評判を“辛口でお答えします“

HOME > 雨どいと雨漏り

雨どいと雨漏り

雨どいが詰まると・・・

外壁や屋根の劣化のほかに、雨どいの詰まりが原因で雨漏りが発生する場合もあります。
雨どいはちょっとしたことで詰まりやすく、詰まりに気付きにくいため、気付いたら浸水していたというケースも少なくありません。

詰まりの主な原因は、鳥の糞や落ち葉、泥や埃などが入り込み、長い期間をかけて蓄積していくというもので、 定期的に掃除をすることで、この詰まりは予防することが可能です。
雨どいが詰まってしまった場合、屋上に水が溢れ出しオーバーフローして雨漏りをするケースが多いため、雨が弱いときは雨漏りせず、短時間に強く降る雨や長時間降り続いた雨のときに雨漏りをするのが特徴です。
そういった雨漏りにお悩みの方は、一度雨どいの点検を行ってみると良いかもしれません。

古い落ち葉を放置しておくと堆肥となってそこからコケや草が生えてしまうこともあります。
そうなってしまうと掃除もし辛くなりますので、掃除は定期的に行った方が良いようです。
特に秋から冬にかけては落ち葉も多く、掃除が大変ですし、高所での作業となりますので、安全面で考えると、専門の業者にお願いした方が良いかもしれません。

外から雨どいを見上げた際に排水マス以外の場所から雨水が垂ていたら詰まりの可能性が高いので、雨の降り続いた日の後などに確認をしてみると簡単にチェックをすることができます。