雨漏り修理業者の口コミ&評判を“辛口でお答えします“

HOME > 雨漏りと災害

雨漏りと災害

地震大国日本

「大きな地震にあったことのある家は、雨漏りになりやすい」そうです。
地震にあった建物は、必ずどこかにダメージを受けます。外からは見えないものでも、固定されていたもの・連結されていたもの・重なっていた部分がはがれたりずれたり、何かしら変化が現れます。
その隙間から雨水が漏れてくることもあるので、大きな地震にあったことのある家は雨漏りのリスクも高いといえるのです。
また、地震による亀裂などから雨漏りが発生した場合、亀裂は地震保険の査定対象ですが、雨漏りは対象外となります。

もうひとつ、雨漏りと切り離すことのできない災害に「雨漏りの二次被害」にて述べた「火災」があげられます。
先述の地震では、保険の対象外だった雨漏り。火災保険の場合も同様に対象外です。
しかし、火災保険の場合、雨漏りの原因によっては対象となるようです。具体的に言えば「台風などで屋根や外壁がはがれたり、亀裂が生じて雨が吹き込んできた」などの強風による雨漏りの場合は「風災害」とされ、保険の対象となるのです。

災害によって引き起こされる雨漏り、雨漏りによって引き起こされる災害、どちらも起こらないことが一番です。