雨漏り修理業者の口コミ&評判を“辛口でお答えします“

HOME > 雨漏りチェック

雨漏りチェック

自分でできる雨漏りチェック法

雨漏りしやすい箇所をチェックすることで、雨漏りの早期発見につながります。
また、雨漏りしやすくなっているかどうかの確認にもつながるため対策や予防もできます。

外壁に亀裂がないかを確認します。大きな地震があったときには亀裂が発生している場合が多いので、特に念入りに確認をすると良いでしょう。
雨漏りはサッシ廻りからも多いので、サッシが濡れている場合、結露によるものなのか、雨漏りによるものなのかを見極めることが大切なのですが、素人目にはなかなか判断が難しいのが現実です。判断が難しいときは、専門業者に調べてもらった方が良いです。
雨どいやドレンの詰まりや破損も雨漏りにつながってしまいます。雨どいやドレンにゴミがたまっていたり、破損している場合は天気の良い日に掃除や修理を行います。
壁紙にシミや剥がれ、カビが発生していたり、天井を広く見回してみたとき、一部天井の色が変わっていたり、 なんとなく濡れているように感じるときは雨漏りが進行している証拠ですので、早めに修理の手配を行ってください。

雨漏りに大切なことは早期発見して被害拡大をさせないことです。
簡単な日常点検で変化にいち早く気付くことができますが、判断し辛いものや点検が難しい箇所もありますので、専門業者の方に点検を依頼することをおすすめします。