雨漏り修理業者の口コミ&評判を“辛口でお答えします“

HOME > 雨漏りの二次被害

雨漏りの二次被害

恐ろしい二次被害

雨漏りには『一次被害』と『二次被害』が存在します。
雨漏りの『一次被害』は「雨水が屋内に侵入すること」です。

雨漏りがもととなるシミやカビ、クロスのはがれなど。それがきっかけで雨漏りに気付いたという場合もありますが、それこそが雨漏りの『二次被害』なのです。
雨漏りの修理というものは「雨漏りの原因となる箇所を修復する」作業です。つまり、シミ・カビ・クロスのはがれは雨漏り修理には含まれないため、修復にかかる費用が多くなってしまいます。
目に見えるところにまで被害が出てきているということは、目に見えないところではさらに症状が進行してしまっているということです。
修理費用の増大も深刻ですが、カビによる健康被害も発生する恐れがあるため、注意が必要です。

そのほかにも、家の柱や壁の腐食、鉄骨のサビによる家の耐久性の低下や、家電製品・精密機器の不調、漏電による火災など、様々な恐ろしい結果につながることもあります。
また、雨漏りによる湿気は、シロアリにとっても繁殖がしやすい環境を作ってしまいます。
シロアリによって、さらに家の耐久性が低下してしまうということは避けたいものです。

このようにならないためにも、早期発見のための定期点検や早めの修理が大切なのです。